総合精度管理事業
総合精度管理事業とは
全衛連は、会員施設が実施する健診が精度の高いものとなるよう、総合精度管理事業実施要綱に基づき、「総合精度管理事業」を実施しています。総合精度管理事業では、「労働衛生検査」、「臨床検査」、「胸部エックス線検査」「腹部超音波検査」について各々の検査が適切に行われているかどうか評価しています。
評価結果は「総合精度管理事業参加施設評価結果」をご覧下さい。
労働衛生検査
特殊健康診断を実施している健診施設及び検査専門機関を対象に、労働衛生検査精度管理調査実施要領に基づき、次表に掲げる項目の尿中・血液中の量を測定するために作成された試料を送付し、各々の機関から測定結果を報告してもらい、正確な値となっているか、測定誤差はどれだけか等を審査し、「A」「B」「C」「D」の評価をしています。
労働衛生検査
測定対象項目 作成試料 送付試料
(1)血中鉛量 6本 6本
(2)尿中デルタアミノレブリン酸量 6本 6本
(3)尿中馬尿酸量、尿中メチル馬尿酸量、尿中マンデル酸量 6本 6本
(4)尿中総三塩化物量、尿中三塩化酢酸量 6本 6本
(5)尿中2,5-ヘキサンジオン量 6本 6本
(6)尿中N-メチルホルムアミド(参考調査) 2本 2本
臨床検査
一般健康診断を実施している健診施設及び登録衛生検査所を対象に、臨床検査精度管理調査実施要領に基づき、次表に掲げる項目の尿中・血液中の量を測定するために作成された試料を送付し、各々の機関から分析結果を報告してもらい、正確な値となっているか、測定誤差はどれだけだったか等を審査し、「A」「B」「C」「D」の評価をしています。
臨床検査
測定対象項目 作成試料 送付試料
(1)総コレステロール、中性脂肪、尿酸、クレアチニン、AST、ALT、γ-GTP、血糖測定用試料 8本 5本
(2)HDLコレステロール、LDLコレステロール測定用試料 5本 3本
(3)ヘモグロビンA1c測定用試料 5本 2本
(4)尿糖、尿蛋白、尿潜血測定用試料 8本 5本
(5)ヘモグロビン、赤血球数、白血球数、ヘマトクリット、
血小板数測定用試料、平均赤血球容積測定用試料
3本 2本
胸部エックス線検査
健診機関より胸部エックス線検査精度管理調査実施要領に基づき、撮影したエックス線画像の提出を求め、各々の画像ごとに、解剖学的指標による評価(鎖骨、肋骨、胸部、胸椎、心陰影部、左肺動脈下枝、気管・主気管支、右横隔膜下血管、肺野血管の各々の見え方)及び物理的指標による評価(コントラスト、輝度、鮮鋭度、粒状性)に基づき審査し、「A」,「B」,「C」,「D」の評価をしています。
胸部エックス線検査
腹部超音波検査
健診機関より、腹部超音波検査精度管理要領に基づき、撮影した超音波画像(正常例、有所見例)の提出を求め、日本消化器がん検診学会の検査基準に則り審査し、「A」「B」「C」「D」の評価をしています。
腹部超音波検査
精度管理の運営主体
総合精度管理事業
PAGE TOPへ